FC2ブログ

現役蒸気と復活蒸気。模型と日々の出来事も。

雪景色

皆さんこん〇〇は。

前回アップ分は私にしては珍しく、雪原走行の汽罐車の単純構成。
本日は「いかにも」の引き画であります。


2018/1/7 上越線後閑→上牧

EOS 6D + EF 24-105mm f4L

遠くに見えるのは赤城山の山麓。利根川の流れに沿って線路は谷のへりを
登っていきます。ちょうど右手で関越自動車道と線路がクロスして、汽車が
川沿いに現れました。(先日アップの写真はクロス手前のカーブでした)

後閑を発車してうねうねと築堤・カーブを通過して、ずっと煙が見えています。
まもなく私の真下を通過してゆきます。

期待していたのは、山の木々に着雪した風景でしたが、前日夜は降雪がなかった模様で、
それでも方々に積雪ある光景はこの辺りでは珍しく、十分に堪能させていただきました。
スポンサーサイト

Comment

マイオ  

ねこさん

コメントいただきありがとうございます。

確かに極端ですね~。
ただ、今回はバカみたいに3台使いの体制(うちミラーレス2台)で臨み、
標準ズーム、中望遠ズーム、超望遠ズームを付けていました。

かなり粗製乱造したのですが、使える画の少なさに唖然となっているのは、
誰かさんたちと同じ・・・。

仰る通りで、突端は積雪が少なかったのはむしろラッキーであって、あれで
積雪があったらもっともっと怖い状況だったかもですね。

来月、こちらこそよろしくお願いします~

2018/01/11 (Thu) 19:31 | EDIT | REPLY |  

ねこ  

No title

お疲れさまでした。

ガツンと寄せたり、さーっと引いたり、極端な組み方ですね〜

もし前日、雪が降っていたら突端はもっと滑って怖かったと思いますよっ

来月もまたよろしくお願いいたしますね。

2018/01/10 (Wed) 23:41 | EDIT | REPLY |  

マイオ  

ひぐま3号さん

コメントいただきありがとうございます。

まぁ、枝と送電線はご愛敬として・・・
(まさかあの立ち位置で引き画に挑むとは想像できなかったけどね)
確かに、左手の日陰になった山肌、そして画面奥の空の描写が違う!
この辺は泥玉と呼ばれても反駁できませんね~。

しかもこのお宝玉、中古で入手可能なんじゃん。(中古ボディとレンズには要注意ですが)
もう15年前発売の玉だけど、いまだにいいお値段ですね~

おっと、コメとレスがまったく対応してないぞ。(ひぐま3号さんブログもご参照ください)

さて、その突端ですが、薄い積雪と落ち葉が入り交じり、その積雪が融けてきて、
つまり濡れ落ち葉状態。どこが滑って、どこが踏みとどまれるのか分からず、
あの場所はお一人様限定状態だったようです。

鉄塔下まで戻る尾根筋もしんどかった~

2018/01/10 (Wed) 19:23 | EDIT | REPLY |  

ひぐま3号  

No title

流石は突端、お一人様舞台枝に送電線と言った不要な雑多を回避でき見晴らしスッキリですね!
写真は足で撮れと言う通り面倒臭がらず突端まで行けば良かったと後悔ですわ。

罐位置…煙に巻かれる前もあったのですね。ちゃんと全コマ見ずに現像コマ決めた私
これまた面倒臭がらずにきちんとチェックせねばと後悔Wですぅ〜

2018/01/10 (Wed) 08:28 | EDIT | REPLY |  

Add your comment