釧路冬の旅(その1、モノクロ仕上げ)

皆さんこん〇〇は。

初めて釧路を訪問してきました。
企画担当のひぐま3号さん、サブドライバーのねこさん
ありがとうございました。おかげさまで、後部座席の死重と化した二日間でありました。


2018/2/10 釧網本線標茶→茅沼

Olympus OM-D E-M1 + M.Zuiko ED 40-150mm f2.8 PRO

今回は、本番のみならず、朝練・夕練に夜たのまでおまけ付き。
かなりバラエティーに富んだ写真がありますが、まずは私好みに
モノクロ仕上げにした一枚をファーストアップといたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

u403tsugaruさん

コメントいただきありがとうございます。

また、今回は短い時間でしたが、お目にかかれて良かったです。
来年もあれば、是非とも釧路で反省会をご一緒しましょう。

この画の意図は、まさにご想像のような現役時代のバック運転ローカル路線を
髣髴とさせることでした。客車のディテールがわからないように樹木で隠し、
トレインマークがわからないようにモノクロ仕上げにしてしまったのも、
そういうイメージを実現させるため。煙が盛大だったのは嬉しい誤算でした。

こんなお話でしたら、いくら時間があっても足りないくらいですね。

No title

味わい深い一枚ですね。
何だか客車の中は、
手拭いを顔に巻いたお婆さんが重い行商の荷物を背負って…
お爺さんが煙草をプカリとくゆらせながら車窓を眺め…
なんてお客さんが乗っているような、そんなことを思わされました(笑)

また、この度はこちらの我が儘にお付き合い下さりありがとうございました。
お会いすることが出来て、大変嬉しく思いました。

また来年いらっしゃるんですよね?(笑)
機会があれば、いろいろな撮影秘話もお伺いしたいところです。

ひぐま3号さん

コメントいただきありがとうございます。

あらら、予想通りでしたか~
まぁ、手前まで引き付けて、煙をクローズアップした一枚ですので、
現役風味でモノクロ仕上げにするのは読めちゃうところでしょうね。

実は、この地こそ初めてでしたが、この写真を見ているうちに、遠い山々の
霞んだ情景や、平地に雪が残った感じが、現役時代の作品での既視感が
湧いてきまして・・・。

一方で、お山が姿を現さぬ二日間でしたので、そこはなんとかリベンジを
来年に繰り越し・・・のはずですが、そこは来年のお楽しみになってほしいですね。

No title

お疲れ様でした。

予想通りにこの立ち位置画をファーストアップ、これまた予想通りにモノクロ仕上げで上げて来ましたね~
私もここでは「往年の現役蒸機が貨物を牽くローカル線的イメージを求めて五十石を攻め」勿論仕上げはモノクロ。
くらべっこの意味合いで「水曜アップどうでしょう~」なんて言ったりして(笑)

天候がイマイチで課題を残した今回の北方撮り出、来年も走ってもらって課題クリアに出掛けましょうね!


プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR