FC2ブログ

釧路冬の旅(その2、ああ永原を汽車はゆく)

皆さんこん〇〇は。

本日のタイトルはRF誌147号(1973/7 表紙は諸河久さん撮影のお召し機C57117)に
確か掲載された宮崎隆太郎さん撮影の根室本線糸魚沢・厚岸をゆくC58牽引客レに
付けられたものからお借りしています。


2018/2/11 根室本線(花咲線)糸魚沢→厚岸

EOS 6D + EF 70-200mm f4L IS USM

オリジナルの一枚は湿原が結氷して雪が積もり、一面真っ白になった原野の中を
絶気のC58が下ってくる写真でした。
こんな場所があるのか!という思いと絶妙のタイトルで脳裏に焼き付いたものです。

立ち位置はおそらくいわゆるお立ち台として、ここからさらに左方向に進んだ高台
なのだと思います。

キハ単行がジョイント音を響かせて、原野を下ってきました。
これもいつか見た既視感ある風景。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひぐま3号さん

代返いただきありがとうございます。

なのですが、せっかくなので、思い切りボケをかましたかったのですが・・・
たとえば「牡蠣を仕入れに行ったけど、朝早すぎて店が開いてなくて、
行きがけの駄賃で撮影しました」なーんて。

次回はボケをかましてから、代返していただけるとありがたいなぁ~(笑)
いや~、撮影場所でのギャグ連発が続いてますね。

こあらまさん

コメントいただきありがとうございます。

ひぐま3号さんから代返(これって懐かしい言葉)していただいた通りです。
こういうツアーの日程になってまして、「どうしても新夢が丘に行きたい」というと、
勝手にすればぁ、ということで撮影後1時間は集合場所で待つ、という運命でした。(笑)
やはり、下手すればマイナス10℃(今回は暖かかったですが)の世界でただただ
1時間あてどもなく待つのは避けたい・・・ということです。

代弁者回答

こあらまさん
マイオさんの回答はただ一つ!「ひぐまツアーズの行程表に従ったまで」これ以下でも以上でもないことでしょう。
よって本企画催行者でございますツアーズより以下代弁者回答とさせて頂きますぅ~

今から遡ること4年前のツアー時、初日終了後「せっかく来た北海道は道東、ご当地名所、音別~尺別の所謂オンシャクお立ち台にでも行って夕日に染まるキハでも撮ってみようか」が事の発端。

ツアーズ企画よる北方撮り出は一時中断するも昨年「ひぐねこコンビ」で復活。その際の行程に2日目早朝、朝練と称して「糸魚沢のお立ち台へ行って朝日に染まるキハも撮っちゃおう」と
初日夕刻オンシャク、翌日早朝別寒辺牛湿原のパターンが組まれ今年も同様の行程と相成りました。

誰がと言えば「ひぐねこ」が、何故にと言えば「遠路折角北海道まで行ったついで」それと非常に重要な要因として・・・
歳取ると早起きが平気って言うことで組まれた伏せ名「早起き敬老会」従いまして長老のマイオさんは必然参加と言うことでした(笑)

こんな回答でご納得いただけましたか?因みに仮監峠を目指す関係で44号線391号線を通っての移動で中チャンベツショートカットはしませんでした。

花咲線

一つお聞きしてよろしいでしょうか。
蒸気の走らない花咲線は糸魚沢に、誰が行こうと言い出したのでしょうか。
それとも、食道楽として厚岸の牡蠣でも食いに行ったのでしょうか。
早朝撮りの後、さっさと厚岸から中チャンベツ原野を抜けて標茶に向かったと思われますが。
蒸気専科のような御三方のチョイスとして、ちょっと気になったものですから。
石北線が大雪崩れなら、根室線は狩勝引継ぎの荷物車と郵便車でした。
今年は花咲線に長居してみようと思ってます。誰しも気になる路線ということでしょうか。

ひぐま3号さん

コメントいただきありがとうございます。

そうですねぇ。恨んじゃおうか(笑)

なんて、うそうそ。そこまで立ちたければ、はっきり主張してますよ。
だいたい、あそこからどんな感じの風景か、想像できていたし。
蒸気+客車だから雪原絶気でも画になってましたが、DC単行では
かなり悩むでしょうね・・・
まぁ、次があればロケハンに寄ってもいいと思いますよ。あくまで好奇心でね。

音尺は私がこの世界に入る前の有名撮影地ですが、糸魚沢・厚岸は
1973年冬にはC58を撮影してた人たちがいたわけですから。
私の友人でも撮影してたのがいたような気がします。

そうそう、永原は地名ではなく、おそらく「えいげん」と読ませて、造語なのでは
ないかと推理してます。この謎が解けないままなのも、タイトルをいまだに
覚えている理由の一つです。

No title

ここら辺りを「永原」って言うのですか?
拙ブログで先日更新した際に地名を入れたくて探すも地図上に出ておらず
それで「別寒辺牛湿原」と記したものでして、もし永原って出ていたら・・・
「夜明け前の永原を往く」ってタイトルにしていたかも。

マイオさんにとっては最初に目指した所で撮った方が良かったのかも知れませんね。
そうすると「ああ永原を汽車はゆく」がコンプリートできたようで・・・
「分散します?」と尋ねれば良かったと反省ですm(_ _)m

プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも10年目に突入し、マンネリを通過して
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
現役蒸気時代にも訪問してない路線などいまだに
お初が出るのは我ながら不思議。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR