釧路冬の旅(その3、シラルトロと湿原)

皆さんこん〇〇は。

おそらく、釧路湿原の定番撮影地であるサルルン・サルボ・新旧夢が丘が
いつ登場するか、どんな切り取りか、いやどんな天気でどんな煙だったの?
という期待をされている方もいらっしゃると思います。

予めお断りしておきますが、それはまったく訪問してません。
ええっ?初めての釧路で、定番を押さえなかった?
やっぱりおかしいんじゃないの~というご意見もあろうかと思います。

まぁ、へそ曲がりなものですから・・・


2018/2/10 釧網本線塘路→茅沼

EOS 6D + EF 70-200mm f4L IS USM

手前の白いのはシラルトロ湖。結氷して積雪しています。
カーキ色は湿原の草地。黒っぽいのは湿原の周囲に自生した樹木。
基本的には、定番撮影地でも無名の場所でも、この構成は一緒です。
定番撮影地の方が線路に近いので、汽罐車をアップで撮りやすいですね。

これは今回の訪問での最初の撮影機会。まずは無難に捉えることを優先しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひぐま3号さん

コメントいただきありがとうございます。

いやいや、ツアー募集の時点から、お立ち台には行かないって聞いてましたから。
「〇〇のない羽越か、〇〇のいる山口か」ってね。
(このセリフ、あまりにもクサいのでブログにはそのままは出さない)
だいたい、一緒に行く方々に立ち位置選定から雪道運転までお任せして、
それでいて「私ゃ別行動」ってやったら、そりゃ鉄界から永久追放でしょ~。

といって、別にお立ち台を完全否定するつもりはないですけどね。
余りにも、ネットに拡散しちゃっているため、「見飽きた感」みたいなのはありますね。
サルルン、サルボもそれこそ現役時代C58混合列車(塘路で交換してた)の写真を友人から散々見せられてたし。まぁ、そのうちですね。

No title

やっぱ、行きたかったんだ~
そりゃそうですよね、ネットやパブリシティで露出されている湿原号ちゃ
殆どお立ち台的な有名撮影地ばかりですものねぇ・・・

二日間、細岡と塘路でリリースして「放置プレイ」にするべきでしたね
今回はいつに無く暖かな気温でしたから過去に放置されたT氏ほどは
凍えて待つ羽目にならずでしたからねぇ~(笑)

と言うことで、来年はお立ち台めぐりに向けて放置企画を敢行致しますね。

で、アップされた画
ここもまた三者三様の切り口と言うかファーストアップ画チョイスですね!
私?またまた水曜アップでしょう~ですわ。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR