FC2ブログ

現役蒸気と復活蒸気。模型と日々の出来事も。

雪原を往く

皆さんこん〇〇は。

本日は9月6日、おじさんたちが勝手に盛り上がる「キューロクの日」でございます。


1975/2 天北線浜頓別→山軽

これは初登場ではなく、一度だけアップしたことがあります。
厳密にいえば、前コマではありますが、似たような画であることは疑いもなく・・・
前回アップの2009/10とは、スキャンの画質も違いますし、レタッチソフトも
面目一新してますので、そういう意味ではかなり変わっていますね。

hokkaido109-1dpp.jpg
1975/3 追分機関区

もう一枚、いかにも北のキューロクらしい写真をば。



ああ~
今年も現役時代のキューロクを、しかも底を尽いてるのに2枚出してしまいました。
まあ、来年は来年の風が吹くでしょう。

皆様、お一人でも多くのご参加をお待ち申し上げております。
スポンサーサイト

Comment

マイオ  

ぜっきあいずさん

コメントいただきありがとうございます。

道外禁止って確かスローガンにありましたね。でも、そのご本人が・・・(笑)
キューロクは最後まで国鉄現役で残った罐でしたから。
その最後のうちの1輌が熊本から追分に行った79602だったのも、
九州と北海道という最末期のSL天国を象徴してますね。

長くブログやっているとどうしても初期の頃に未熟な画像をアップして、
その後に進化したソフト等での再レタッチ作品が出てくるものだと思います。
私も、とあるプロジェクトで大量にスキャン・レタッチを実施した結果、
ようやくコツらしきものを掴めたような・・・

台風に地震・・・被災地の状況には心が痛みます。
一刻も早い復旧をと願うばかりです。

2018/09/07 (Fri) 08:15 | EDIT | REPLY |  

ぜっきあいず  

頑張れ北海道

やはりキューロクはハチロクに比べて在庫潤沢ということなのか、あちらでもこちらでも
惜しげもなくカラー&白黒豪華2枚組の印象的な「道外禁止」御本尊秘仏の御開帳。
羨ましい限りです。

ぜっきあいずも、再レタッチには大賛成!おじさん方に寛大に受容していただきたいものです。

一方、今年の今日は安平町という地名を何度も耳にし、その被害状況を目の当たりにして心が痛みます。
キューロク終焉の地は追分。鉄道の町追分、そして我らが青春の聖地北海道全道の一日も早い復旧復興
を、ただただ祈るばかりです。

2018/09/06 (Thu) 23:02 | EDIT | REPLY |  

マイオ  

koppel-2さん

コメントいただきありがとうございます。

確か2月最終週に渡道したような・・・付属高校でしたから、そこはラッキーでしたね。
台湾のキューロク、復活運行になりませんかね~
阿里山のシェイはまだ残ってるのかしら?

安平あたりが地震被害ひどそうで、D51320は転倒してないといいですが。
保存キューロクもどうでしょうか・・・

神宮はほんとドラにとって鬼門ですね。何点リードしてれば大丈夫なのか・・・
権藤さんが解説で「ストライク入らないピッチャーを抑えにしてはダメ」と
仰ってましたが・・・

2018/09/06 (Thu) 16:18 | EDIT | REPLY |  

マイオ  

ひぐま3号さん

コメントいただきありがとうございます。

誰だ、リャンハン縛りだなんて言ってるのは?
ダメじゃない、ただでさえハードル高いのに・・・しんどいよ~・・・
もう来年は無理・・・復活キューロク現れないかなぁ・・・台湾!?

2枚目を19650と見破るとは、さすがお目が高い!
自分でも自信がなかったもので、あえて機番は書かずでしたが、
あとでしげしげ見てるうちに、三つ目だと気づきました。

C62やD51形式入りと並んでちゃ、三つ目キューロクも形無し。
しかし一コマも撮らずとは、決め打ちですな~

2018/09/06 (Thu) 16:11 | EDIT | REPLY |  

koppel-2  

No title

 マイオさま 2月の時期にご訪問とは流石先達です。 最後まで残った罐が9600というの印象的ですね。
自分はこの2年後に台湾に行くのですが、現地での型式DT580 デフなしの9600がまだまだ現地では活躍中でした。
アルコ製もありましたよ。中国大陸にも残っていましたが、こちらは見ることはできませんでした。
 さて北海道の大地震 保存機も数多い9600 倒壊して解体なんて事の無い様に祈ります。
 昨日も懲りずに神宮観戦、96の日の本日は吉見の先発、唯今年ドラは現在神宮9連敗、吉見が勝つと7年ぶりとの事 いい連敗阻止記念日にしてもらいたいものです。

2018/09/06 (Thu) 09:08 | EDIT | REPLY |  

ひぐま3号  

流石、実行委員会書記長!

おっと、現在進行形のマイフェバリット「リメイク」でのディレクターズカット参戦ですね。
天北線、しかも氷結したクッチャロ湖を渡るシーンで目にモノを言わせるなんて
流石、年の功!長老様ゆえのチョイスですね~
誰が先鞭したのか知らないけど2枚仕立(何?今回のキューロクの日はリャンハン縛り?)
モノクロ画は三っ目となった19650ですね。
これ琴線に触れますわ~
何せ幼少のみぎりC622見たさに行った小樽築港機関区でそのC622の隣に居るも
目はC622やC623、更には形式入りプレートを掲げたD5124などに釘付け。
普段見かけるキューロクは眼中に非ずにて、何と一コマも撮らずと言う暴挙(笑)
その数年後、追分で再会するも休車にて冷たい姿でしたので生きた姿を撮られたマイオさんが
うらやましい限りですよ。

2018/09/06 (Thu) 08:39 | EDIT | REPLY |  

Add your comment