FC2ブログ

現役蒸気と復活蒸気。模型と日々の出来事も。

釜石三度(その5、大いなる旅路)

皆さんこん〇〇は。

本日は、昨日の追記をお読みになられた方のための構成になっております。
なので、撮影記の方はお休みということで・・・



B&B カフェ「やまがら文庫」さんでの夜が更けていきます。オーナーのMさんと乾杯して
お話を聞くうちに、C58283のこと、そしてMオーナーとの関わりが段々と・・・

映画「大いなる旅路」その原作となったMオーナーの父上の手記。
そうです。Mオーナーの父上とは、映画の中で三國連太郎が演じた転落事故での機関助士その人でした。

そして、C58283は、転落事故に見舞われて、事故後の数年間は閉伊川に横転したまま、
そしてその後、引き揚げられ、修復・復元されて、最後は山田線のSLサヨナラ運転の牽引機と
なりました。そのサヨナラ運転で、因縁のC58283のレギュレーターを握ったのは、
ほかならぬ父上でした。

なんかこの話、聞いた覚えがある、という方。
それは、「SL甲組の肖像」第1巻の「思い出の記」~恐ろしかった思い出 をお読みになったのでは?
それこそ、父上が寄稿されたものでした。

そして、第4巻宮古機関区「慟哭の区界峠」にもご登場されるはずですね。
ですから、Mオーナーは椎橋さん謹呈書籍を手元にお持ちです。
「SL甲組の肖像」に掲載された山田線の写真の大半は、Iさん撮影なのですが、
Iさんもお持ちではなかったのが、修復・復元前のC58283の事故後に引き揚げされた一枚。

これは父上のお持ちだった写真からMオーナーが椎橋さんに提供されたとのことです。

ここで、映画「大いなる旅路」のストーリーに戻ると・・・
父上を演じたのが三國連太郎。その息子で新幹線在来線の特急「こだま」の運転士になったのが高倉健。
ということは、Mオーナーを健さんが演じた!?

実物のMオーナー、長身で渋い人となり。訥々と、しかし鉄道の話となると止まりません。
元・宮古機関区乗務員で写真好きのIさん、一ノ関運輸区乗務員で同じく写真好きのSさんのこと。
椎橋さんが父上とMオーナーのインタビューに見えたときのこと。
「お酒は強くない」と仰いますが、岩手のご出身で「強くない」はどの程度の酒量なのかは・・・不明です。

なお、残念ながら父上は3年前に亡くなられたとのことであります。
「やまがら文庫」さんの離れには、父上が着用された菜っ葉服も飾ってあります。
あらためて合掌。

最後になりましたが、本日の記事構成にあたり、楓ちゃんから多大な情報提供を頂いたことを
ここに記しまして、あらためて感謝申し上げる次第です。
スポンサーサイト

Comment

マイオ  

koppel-2さん

コメントいただきありがとうございます。

koppel-2さんはご存知のことと思いますが、紛らわしいので
あえて記しておきますと、「大いなる旅路」は1960年東映制作の
映画と、1972年日本テレビ等の制作のTVドラマがあります。

映画とTVドラマはストーリーもまったく違っており、映画は
岩手(特に山田線)を舞台にした悲惨な鉄道事故を生き延びた
機関助士が主人公。で、ほぼ一代記。

TVドラマは鉄道建設から1972年までの100年間にわたる時代背景で、中心となる家族何代かの話ですが、全29話でしたから、
かなり毎回テーマが違っていたと思います。

私も、「大いなる旅路」と言われると、つい後者を連想して
しまいます。もう少しこの辺も触れておくべきでしたね。

NEO君の交渉権獲得は嬉しいニュース。まずは新監督は
幸先良いスタートですね。

2018/10/26 (Fri) 19:14 | EDIT | REPLY |  

koppel-2  

Neo Classic

マイオさま 『大いなる旅路』と云うと鉄道百年の時の放映だったと思いますが、その後再放送も其れなりにされていました。 進駐軍のMPかなんかが連結器の上にシガレットか煙草を立たせて邦人の機関士が倒さずに連結するというシ-ンを覚えています。日本人の職人魂に魅せられたのですが、撮影の時には当然接着剤等で補強していたのでしょうね。 昨日のドラフト 我等贔屓の球団はいい補強でしたねぇ…

2018/10/26 (Fri) 17:19 | EDIT | REPLY |  

マイオ  

楓ちゃん

コメントいただきありがとうございます。

いえいえ、沢山の材料をご提供いただいたにも拘わらず、
筆の力がないために、この程度の出来に留まりました。

Mオーナーご自身のお話をどこまでしていいものか、
迷った挙句に、ほとんど触れていないものになってしまって。
B&Bカフェを運営する前のことは、特に触れてないですね。
現在の大槌の話、これからの三鉄の話などもお考えの一端は
伺ったのですが、はしょってしまいました。

画家の話は初耳!やはりSさんは詳しいですね~
Mオーナー、下の名前で呼んでたもの。
Mオーナーが高校生時代に機関区でアルバイトしてた話も・・・
(動輪やロッド磨きをやってたそうです)
国鉄が大好きだったんですね。

2018/10/26 (Fri) 13:03 | EDIT | REPLY |  

楓ちゃん  

ご執筆ご苦労様です m(_ _)m
あたかもMさんとマイオさんとの一献話が聞こえてくるようです。

ちなみにSさんの話だとMオーナーは国鉄時代に車掌から始めて
盛イチの運輸区長にまでなった方で、
今はB&Bカフェを運営するかたわら画家としても活躍中。
かたや父上の方は罐焚き〜機関士一途の人生だったそうで !
このあたりもまさに「大いなる旅路」的ですよねぇ〜 (泣)

2018/10/26 (Fri) 12:34 | EDIT | REPLY |  

Add your comment