FC2ブログ

現役蒸気と復活蒸気。模型と日々の出来事も。

切り取りデフ装備C5552

皆さんこん〇〇は。

本日はアーカイブからアップいたします。


1972/7 都城運転所にて C5552【吉】

C5552が僚機C5557とともに若松から吉松に転属したのは1972/3。
このときは惜しくもタイミングが合わず撮影しておりませんでした。
その年の夏休みは満を持して、九州で最後に残ったC55撮影を
主目的として訪問いたしました。

KyuushuuJul1972104-1dpp.jpg
後で合成して貼り合わせるつもりだったのでしょうか。
ドームから第2動輪のところで接合しそうな写真が残っていました。

このようにして出会った52号機は、その後も何回か撮影機会がありました。
鹿児島SLフェスティバルが開催されたこのとき、57号機は吉松から鹿児島に回送(それも次位で)。
三重連では三番目の罐。通常運用には52号機が充当されていたので、
57号機はうまく撮れず、52号機ばかり撮影することになったのです。

それはそれとして、目の前に待機するC5552が「さぁ、撮れよ」とばかりに
邪魔者なくサイドを見せてくれていたこのとき、私には至福の瞬間でした。
スポンサーサイト

Comment

マイオ  

koppel-2さん

コメントいただきありがとうございます。

雪まみれのスポーク動輪は私も撮りたかったですね。
せめて「北辺の機関車たち」で拝むしか・・・

台湾縦貫線でC55、もといCT250でしたか、それに
キャブ添乗ですと!それは羨ましいですねぇ。

2018/11/24 (Sat) 19:28 | EDIT | REPLY |  

koppel-2  

マイオさま 自分も国鉄蒸機の中ではC55が一番カッコよかったかなぁ。でも撮影できたのは南の52・57北の30・50と梅で1だったですよ。特に九州では斜光線を浴びて輝く52が印象的でした。その後は縦貫線でキャブに其れなりの距離を添乗させてもらいそれが、至福の時だったですよ。でも北辺に出て来る雪まみれのスポ-ク動輪撮りたかったです。

2018/11/24 (Sat) 10:16 | EDIT | REPLY |  

Add your comment