FC2ブログ

現役蒸気と復活蒸気。模型と日々の出来事も。

宮田の築堤を遠望

皆さんこん〇〇は。

本日も懲りずに津久田テラス俯瞰シリーズからアップします。


2018/11/24 上越線渋川→敷島 C6120 + 旧型客車5輌

Panasonic Lumix GH-4 + LEICA DG Vario-Elmar 100-400mm f4.0-6.3 ASPH

渋川発車や大正橋通過はまだシャッターを切る気がせず、この宮田の築堤から
シャッターを切ってみました。煙の感じとヘッドライトでなんとかかんとか・・・
スポンサーサイト

Comment

マイオ  

こあらまさん

コメントいただきありがとうございます。

はい、棚下不動の上の方からの眺めにも感心しましたが、
この津久田テラスの眺望は文字通り感動いたしました。
既に先達の方々が傑作をご紹介されており、いまさらの感は
拭えないのですが、延々と煙が見えているという俯瞰
ならではの醍醐味に加えて、オメガカーブが一望できるという
パノラマビューの魅力は筆舌に尽くしがたいものです。

ただし、私も、ねこさんとひぐま3号さんという同好の士がいて
初めて到達できた場所です。過去に先達の方々は、野生動物との
遭遇(クマとイノシシを含む)や、あわや深刻な事故一歩手前と
いう危険な状況もご経験されてますので、今後も単独行は
控えたい場所でございます。

2018/12/11 (Tue) 20:28 | EDIT | REPLY |  

こあらま  

河岸段丘の高見

この津久田-岩本間には、なかなかいい俯瞰場所が幾つかありますね。珍しく、行ってみようかなどと思ってます。
今は色々な情報やツールがあるので、場所探しは楽ですが、到達できるとそれなりに達成感があるものです。
撮ることも楽しいですが、お立ち台を探索するのは、頭と体のいい運動になります。
問題は、何時汽車が走るのってことです。春までなしですかね。もう積雪シーズンには、出動しないってことでしょうか。
あちこちで、同時多発的に蒸気の具合が起きて、検査運休も重なって、寂しい年の瀬になってしまいましたね。
何となく、復活蒸気の時代も危なくなってきたような。大病をしたら、ご臨終というケースも出てくるのでは。

2018/12/11 (Tue) 15:26 | EDIT | REPLY |  

Add your comment