FC2ブログ

現役蒸気と復活蒸気。模型と日々の出来事も。

D51453【吉】

皆さんこん〇〇は。

過日、D51453保存会の方からコメントをいただきました。いわく、現在は柏市に保存されているD51453号機が
現役で稼働していた時代の写真を探しておられるとのこと。

そこで、まずは私が撮影した写真から見つけた同機の写真をまとめてアップいたしました。
これから具体的にどうするかは、これを見てご連絡いただければよろしいかと存じます。


1972/7 吉都線小林にて

KyuushuuJul1972136-1dpp.jpg
同日 吉都線西小林→小林 単回1696レ

1696レは本来貨物列車のスジでしたが、この日は荷がなく、単機回送になってしまったようです。
1枚目は単機で小林駅に1時間以上側線で待機していた間を撮影したものです。
時刻はすでに18時過ぎ。さすがに日の長い南九州でも夏の西日が傾いて当たっていました。

KyuushuuMar1973154-1dpp_20190414132520e68.jpg
1973/3 都城運転区

春の雨上がりの都城。C5766とD51453の間にあるのは給炭施設。後方にある小さな塔は給水タンクです。
石炭と水が蒸気機関の運動源でしたので、一定の距離ごとに給炭と給水施設がありました。
D51453の手前の線路の間が溝のように落ち込んでいますが、これはアッシュピット(灰落とし)といい、
燃えカスの石炭を落とす場所です。ボイラーの中に燃えカスが溜まり過ぎると燃焼効率が悪くなるので、
一定距離を走ったら必ずボイラー掃除をしていました。

KyuushuuMar1973182-1dpp_20190414132522257.jpg
1973/3 吉松機関区

吉松のクラで休息するD51453と僚機1038。
画面右側に給炭・給水施設が写っています。

一応、ネガを探してみましたが、見つかったのはこれら4枚でした。
お役に立てたら光栄です。
スポンサーサイト

Comment

Add your comment