FC2ブログ

現役蒸気と復活蒸気。模型と日々の出来事も。

後藤式デフもどき

皆さんこん○○は。

こんな姿だったときがありましたね。


2010/7 上越線水上

D51499号機が装備していた後藤式デフもどき。ちなみに私はD51499の実物は見たことがなく、
当時の鉄道雑誌掲載の写真で見た気がします。

ネタものということで釣られて訪問してしまいましたが、個人的には妙な形だなぁ、でした。
C55/C57の門デフ装備は大好きですが、C58/8620/C11となるとムムムですし、
D51の後藤式デフは・・・まぁ、せっかくやってくれてるんだから見物しちゃおう、という乗りでした。

集煙装置もせっかく装備してくれたんだから、なのですが、随分と扁平なんですよね~

ただ、このころのJR東はまだまだやる気がありました。今?うーん、聞こえてくる噂話は暴挙だらけですね。
スポンサーサイト



Comment

マイオ  

koppel-2さん

いつもコメントいただきありがとうございます。

切り取りデフといえば関崇博さんの研究が丁寧でまとまっていて、参考にさせていただいていました。小倉工場のがK-で後藤工場がG-、長野工場はN-でしたね。種類も小倉工場のが一番豊富でした。

タンク機はデフそのものが無い方がすっきりしてますからね。C11はそれ自体がよくまとまった形だと思いますが、C10とC12になんとなく惹かれます。

柳は天晴でしたね。救援陣も休めばまた調子を取り戻すのかなぁ。

2019/06/15 (Sat) 17:03 | EDIT | REPLY |  

koppel-2  

 マイオさま 自分も切り取りデフには憧れましたねぇ 特に九州の55・57ですね。 きっと鉄道模型的にも実機がカッコよかったからかなぁ。基本設計に対して改造型なんでしょうけど現場の方の意見をとりいれての事でなんでしょうね。シルエットはタンク機については無くてもいいなぁと思いますけどね。

昨日のBS 柳の奪三振ショ- 拍手喝采です。

2019/06/15 (Sat) 10:01 | EDIT | REPLY |  

Add your comment