FC2ブログ

現役蒸気と復活蒸気。模型と日々の出来事も。

秋深し

皆さんこん○○は。

いきなり黒猫ヤマトならぬ名無しの黒猫登場から始まりました。
慣れぬ近江の地でのバトルで猛省の日々を送り、ご近所鉄で己を見つめなおすことにいたしました。
それにあたって、実物と模型から入った私の鉄道趣味遍歴であり、ヘロヘロ線路やら貨車やらが
存在をアピールしている成田ゆめ牧場まきば線を選んだわけであります。


2019/11/24 成田ゆめ牧場まきば線

PB243823dpp.jpg
先頭は灯油炊きの蒸気機関車7号機(2018年新製)、続くは元立山砂防軌道のトロッコ客車、
最後尾はスクラッチビルドの特別貴賓車?であります。
スポンサーサイト



Comment

マイオ  

ひぐま3号さん

コメントいただきありがとうございます。

ここって、「成田ゆめ牧場」という観光牧場(マザー牧場の小型版かな)の中にエンドレスの「まきば線」があるのです。
羅須地人鉄道協会の方々が成田ゆめ牧場オーナーから敷地を提供してもらって、心象鉄道をリアルにやっているのだと思います。

乗務員さんや保線担当の方々は羅須地人鉄道協会の人たち。

ここに入るには、成田ゆめ牧場の入場料を払うのです。乗車するには1回500円
なりの乗車料金が別途必要。丸瀬布だと入場料は無かったからそこがちょっと
違う。

丸瀬布は稼働車輛はレストアがほとんどでしたが、羅須はレストアもあるけど
自作してますからねぇ。活動メンバーじゃないと機関庫兼工場には入れない
けど、外からチラ見しただけでもゾクゾクしてきます。

私は約50年前のローカル私鉄・国鉄の世界に戻った気分になれました。
雨上がりの水たまりの道や簡易踏切を歩いているうちに。
同好の士もわざわざここにやってくる人たちですから、ほんわかしたムードです。撮影本数を稼ぐのとは真逆の場所です。
そのあたりは、それぞれが持っている鉄道へのイメージと結びつけやすい
雰囲気がムンムンしていると思います。

2019/11/28 (Thu) 11:53 | EDIT | REPLY |  

ひぐま3号  

まきばのPR担当者様

実物と模型から…
なるほどです。このゆめ牧場ってジオラマ模型の1/1リアル版って感じなんですね。

そうなるとマイオさんは生きたフィギア?
自分のレイアウトボードだったらそんな鉄ちゃんフィギアはポイって摘み出しちゃうかも(笑)

作風は人それぞれ、これ前回のチャンポンズマッチ戦の教訓。
模倣バージョンでは無い斬新なオリジナリティー画がこの後の更新で登場でしょうね。
楽しみにしております!

2019/11/28 (Thu) 10:20 | EDIT | REPLY |  

マイオ  

koppel-2さん

いつもコメントいただきありがとうございます。

一枚目は大先輩の方々のお得意とされるところの模倣ですね。
到底及びませんが・・・

この、時雨に濡れた雰囲気をもっと表現できたらと思いますが、
なかなか腕がついてきません。

楓ちゃんは休日でもお仕事が入っていることもあるので、
そう簡単ではないと思いますけど、まぁ成田ゆめ牧場まきば線は
逃げませんから。
こちらに出てくるときにうまく都合が合えばいいのですが。

2019/11/27 (Wed) 19:20 | EDIT | REPLY |  

KOPPEL-2  

マイオさま なんとも全てを見せない、味のあるカットだ事。現地は撮り方次第で遊覧施設を遥かに凌駕する魅力に溢れていますよね。G W辺りで楓村さまもご一緒でナローパーテイーしましょうよ。ハローパーティーはよく聴きました。

2019/11/27 (Wed) 17:34 | EDIT | REPLY |  

Add your comment