FC2ブログ

現役蒸気と復活蒸気。模型と日々の出来事も。

色んな車輛が並ぶクラ

皆さんこん○○は。

本日も昔の写真をアップします。


1972/3 宮崎機関区にて

左からDF50560、C6118、そしてバス窓のキハ17が並んでいます。
この取り合わせは、この時期のローカル線の代表選手たちとも言えます。

青森電化によって古巣を追われて、最後の活躍の場を日豊本線延岡・宮崎の
平坦区間に求めたC61たち。(このころD51時代を含めた通算車齢29年)
本来は蒸気機関車を駆逐すべく投入されながら、出力の弱さのために宮崎電化で
駆逐される運命のDF50たち。(車齢15年?)
そしてかつて一世を風靡したキハ10系の生き残りたち。(車齢18年?)

機関区を訪問すると色んな車輛に巡り合えました。何気なく撮影した一枚でしたが、
当時の活気あふれる鉄道風景が蘇ってきます。
スポンサーサイト



Comment

マイオ  

ひぐま3号さん

いつもコメントいただきありがとうございます。

確かに私もこの一枚をアップしつつ、貴ブログの池田機関区
の一枚と対比してました。キハ12と17は同じ一族。
キューロクとC61を並べるとどちらにも失礼?なんだけど、
入換専用機でC61の代わりにC56が入ってればぴったり。
DD51とDF50は、同じDLではありますが、後者の課題解決の
ために開発されたのが前者という関係ですね。

いずれにしても、かつての幹線スターたちが亜幹線で最後の活躍を担った一枚。いやいや、DD51は根室本線で当時バリバリでしたね~

多度津のDF501を拝んでるとは!この年で四国に縁が出来たので私もそのうち
ですね~

ところで、なんか東京と埼玉・千葉・神奈川で往来自粛とか。これって関所が
できる前触れだったりして。大阪と兵庫の間にはまだできてませんか?
ありません?有馬温泉・・・おあとがよろしいようで。

2020/03/26 (Thu) 13:46 | EDIT | REPLY |  

ひぐま3号  

良い光景ですね。
こう言うシーンに巡り合えたあの頃って今の世の中と違い大らかでギスギスしていませんでしたね。
大手を振って構内立入、バシバシ撮ってもお咎め一つ無しでした。
DF50には文字通り無煙(いやいや違うでしょう無縁でしょうって)の私ですが
この光景で連想するのは少し前に拙ブログで掲載した池田機関区の光景
DF50がDD51、キハ12がキハ17、そしてC61が9600と北と南で対比すると楽しくなっちゃいます。
あっ、DF50って現役時代は無縁でしたが、多度津で保管されているDF501の構内体験運転時に息子を乗せ親父はカメラでパチリでした〜

2020/03/26 (Thu) 11:45 | EDIT | REPLY |  

マイオ  

koppel-2さん

いつもコメントいただきありがとうございます。

プレート拓本は私もいくつか取ったのですが、どこに行ってしまったのか。
録音カセットも消えてしまい、残念無念ですね。

DF50は「富士」と「彗星」の牽引がありましたから、ブルトレということで
何枚か撮影しています。DLは基本的に蒸気の敵なんですが
DF50にはそういう感情が湧かなかったですね。

宮崎機関区の跡地は駐車場付きショッピングモール、保健所、ステーション
ホテル、予備校、病院・・・色んなのが建ってますね。

2020/03/25 (Wed) 21:48 | EDIT | REPLY |  

koppel-2  

 マイオさま 自分は宮崎機関区73/7でしたが、活気がありました。ホ-ムからでも入替作業の罐が十分撮れました。
DF50は青井岳で撮ったなぁ 当時は機関区巡りをしてナンバ-拓本なども集めていました。復活機では出来ない所業でしょうね。機関区の広大な敷地 今は如何なったんでしょうね。

2020/03/25 (Wed) 09:26 | EDIT | REPLY |  

Add your comment