FC2ブログ

現役蒸気と復活蒸気。模型と日々の出来事も。

1973/9、七尾線和倉

皆さんこん○○は。

いよいよ首都圏は緊急事態宣言が間近いようですね。
大病院での院内感染が判明した時点で時間の問題となったと思うのですが・・・
私の勤務先は中小企業ですが、先週末から在宅勤務と時差出勤を開始しました。


1973/9 七尾線和倉→田鶴浜 
C56159【七】牽引貨物173レ

時刻は17:38(定時ならば)。この少し前、上りDCとの交換シーンは夕陽ギラリでしたが、
この時点ではすでに陽光は翳っていました。

NanaoSaninSep1973021-1-2.jpg
お約束の後追いです。
この場面ですが、ある方のブログでの、ある記事におけるやり取りをご覧いただけるとピンとくるものが・・・

実はこのコマ、長いこと行方不明で、未スキャンネガの中に混じっていました。

えへへ~、オーバークロスがちゃんとあるじゃん。それでどうした?と問われると、いや~それだけなんです。
不要不急の趣味三昧、困ったものですね。



土曜日に義父が無事退院して、老人ホームに帰還しました。
入院中は面会禁止でしたので、娘である家内と会えるようになって
さぞかし安堵していることでしょう。

日曜日には次男が独り立ちして、勤務先所在地である埼玉県某市の住民となりました。
我が愛車が引っ越しで大活躍して無事に終了しました。
しかし彼の勤務先も在宅勤務となる日が近そうです。

長男夫婦は神奈川県民ですが、彼らも我が家への訪問を自粛延期しています。
なんとか早く平常に復帰してほしいものです。
スポンサーサイト



Comment

マイオ  

ぜっきあいずさん

コメントいただきありがとうございます。

そうなんです。あったんですよ、オーバークロス。
しかも、この立ち位置で後追いを撮れば必ず写るっていう場所に。
なんであんなに否定されたんでしょうねぇ。

ここでちと冷静に考えますと(余裕ですわ)、オーバークロスから
撮ると(この画でも一人いますね)、駅が果たしてクリアに望めたか、
これ疑問です。色々と邪魔ものが写り込んだ(この画での私を含めて)
のではないかと思います。

それでぜっきさんとしては、「オーバークロスからはありえん!」と
忘却なさったのでは・・・

もしかすると、下り発車の後追いをまったく撮っていないとか?
謎は深まるばかりなり、ですが、この答えは迷宮入り間違いないでしょ~
おや、どこからか怪人二十面相の高笑いが・・・(古い!)

2020/04/07 (Tue) 20:55 | EDIT | REPLY |  

ぜっきあいず  

ホントだーっ!!

ちゃんとあるじゃん!オーバークロスが!!それも立派なコンクリート製のが!!!
なのに何故そこから撮らなかったのだろう?何故記憶に残っていないんだろう?それも何回も行ったのに~。謎は深まるばかり・・・ん?そうじゃないだろ、早くから認知症が始まっていて既にかなり進行している証拠だろうって?早く認めて楽になれって??
重篤化し易い・・・もとい、傷つき易い世代ですので、イジメないでください。

昨年自ら再訪しても晴れなかったモヤモヤをきれいさっぱり払拭していただいた、ピンポイントで特定のアルツハイマー患者を対象にした不要不急のスキャン三昧の成果に先ずは御礼申し上げ、マイオさん並びにご家族ご親族のご健勝を心よりお祈り申し上げる次第であります。


2020/04/07 (Tue) 20:26 | EDIT | REPLY |  

マイオ  

koppel-2さん

いつもコメントいただきありがとうございます。

私は能登中島、西岸、和倉、七尾と穴水は下車して歩き回った
のですが、田鶴浜と能登鹿島と能登三井は抜けてます。
こうなるとどうやっても抜けている駅は手掛かりがありません。

しかも現役蒸気撮影以降は再訪していないので、年々記憶が薄れるばかり
なり、ですよ。皆さんのブログを拝見して辛うじて記憶を呼び覚ます
日々ですが、消えていく記憶の方が圧倒的に多いのでせうね。

今夏の鐡楽者展、中止ですか・・・コッペルさんの満を持した作品展示は
来年まで待とうなんですね。亡き塚本和也さんは七尾線に「あすなろの鉄路」という呼び方をされてたような。
鐡楽者展も「あすなろう」ならぬ「来年なろう」なんですね。

どこかの大学病院の研修医たちが懇親会やった挙句が集団感染。
医学部卒といっても偏差値だけでは、こういう医者の卵たちに命を
預けるのは困ったものです。

2020/04/07 (Tue) 14:10 | EDIT | REPLY |  

koppel-2  

 マイオさま 七尾線は73/12/末発で新年1/7に帰宅する撮影行でした。(その一回きり)夕陽を浴びたのは田鶴浜の発車でした。この時は雪はありませんでしたが(峠は別)ビュ-ビュ-風が吹いて煙が暴れて纏まりのない画でしたよ。
和倉からこういう場所があったんですね。すっかり失念しております。新年度になり、元居た会社では変則勤務、昨日から本来の新学期が5月に延びて高校接触もお預け状態。 今夏の鐵樂者展も中止。全く困ったものです、

2020/04/07 (Tue) 08:44 | EDIT | REPLY |  

Add your comment