津川夜景(到着)

皆さんこんばんは。

明日は全国的に雨で冷え込むようですね。コートが必要かな・・・。

さてさて、実は津川の夜景はもう一丁ありまして・・・。サイドを光らせて到着した場面なのです。

津川夜景3

2011/11/5 磐越西線津川

夜景・発車で私が抱いているイメージは「恐ろしいモノ」なのですが、一方で夜汽車というと
むしろ「幻想的」「静寂」「ダウンビート」ということになります。(萩原朔太郎の詩からきてるかも)

この到着場面は夜汽車のイメージを表現できてるかな・・・。

あれれ、またおまけが付いてるぞ。
無理やり縦構図にしてみました~。

IMG_0654ret5.jpg

すりゃいいってもんじゃないねぇ・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひぐま3号さん

あははっ、動画からの切り出しは規制委員会の指導を受けて自粛しております。
また、禁を犯した場合にはその場で自白いたしておりまして・・・。この画は誓ってスティルであります。

望遠縦構図、お得意が出ましたねっ、伍長殿!申し訳ございません。一般人である自分には到底
思いつきませんでしたのであります。それと、言い訳になりますが、自分の三脚は縦横構図をほいほい
変えることがあかんのであります。手持ちならば、ばしばし持ち替えするんですが・・・。

ハイライトの焼き込み、またまた極端に遊んでおりまーす(笑)。だって面白いんだもん。

EXTRAさん

夜汽車の寂寥感が出てくれれば幸いです。

純粋に写真として見ると駄作の域を出ませんが・・・。

No title

これ、動画からの切り出しじゃないのかな?
スチィル撮影なら、もう少し左に寄って望遠縦構図でポールの隙間を抜くように
構図を組むべきでは?
暗がりでそこまで気が回らなかったのではと思いますが、後で、こんなものまで
映り込んじゃった~となるよりは、その時の目配りと足で立ち位置を稼ぐことが
大切だと思うひぐまです。

それから・・・ハイライトを焼き込み過ぎですぜ、この場合白トビしてもコントラストあるほうが
雰囲気は出ると思いますよ~
夜撮もその後のレタッチも、苦労の数だけ楽しさの深さがあるものなんですなぁ・・・

夜汽車到着

こんばんは。

津川駅への入線写真、写真から見ると出発シーンのように
感じられます。

山間に響く汽笛。夜汽車、ぴったりではないでしょうか。

(^o^)

プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR