内蒙古でのプチ俯瞰

皆さんこんばんは。

スチールと動画と、中国で撮影した作品はかなり大量(日帰り国内保存蒸気と比較すればの話、当たり前か?)
にありまして、ご紹介するにも結構かかってしまいます。一度にどさっと画を並べてもいいのですが、それも
味気ないので、ちびりちびりと(笑)。

さて本日は、今回の中国・内蒙古では珍しい撮り方になってしまった、プチ俯瞰です。
それもそのはず、高見がほとんどない地形なんですよね・・・。これ見てもお分かりだと思います。


2012/3/3 中国・内蒙古自治区 平庄炭鉱専用線 玉峰→平庄南
EOS Kiss X4 18-135mm
Retouched by PSE6

最近、北方謙三の中国歴史小説(楊家将、血涙、史記など)を読んでいます。この界隈が舞台になっていると
思しき部分もあり、改めて読み直したりしています。

基本的には平原地域なのです。かつては山越え路線で蒸気機関車が活躍していた時期もあったのですが、
それは井門が撮影したビデオで偲ぶしかありません。日本でも私は狩勝・姥捨・大畑あるいは奥中山・陣場など
いずれも間に合わなかったのですが、中国でもか!しかしながら現役蒸気の魅力は捨てがたい。

先日から平庄はあと2ヶ月ほどの命、元宝山はもう少し残るらしいとお伝えしましたが、元宝山も4月で終わりと
いう情報が入ってきました。残念・・・。さて、次はどうするかですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

EXTRAさん

コメントいただきありがとうございます。
そこまで気持ちが高まっていただくと、ありがたいというか、なんと申しますか・・・。
井門ツアーでないと私は無理なんですねー。でも井門の予定は寸前まで固まらないので、今回も突然のツアー組成。
私が参加できたのは奇跡みたいなもんです。普通の勤め人には無理ですよ・・・。
大谷ツアーの方はかなり前からスケジュールを固めてますから、そちらをお勧めしますが・・・。

くろくまさん

コメントいただきありがとうございます。
日の丸構図じゃないのもあるけど、橋の上に載っている画にしたらこれになった。あはは。
うーん、なぜ動画をどんどん出しているかというと、これを読んでいる皆さんはほとんど中国の蒸気やら
撮影現場を知らないでしょ。そういうときは、まず動画の方が情報量が多いから雰囲気を伝えやすいかな、
と思ったわけです。スチール一枚だと有名な場所ならいいけど、場所勘が働かないとつまらないからねー。
そろそろスチールの方が増えますよ。
語調が変わった、ってのはその通り。現役蒸気を相手にすると遊びも真剣になりますね。

プチ俯瞰最高

こんばんは。

広々とした中国台地を走るSLは、日の丸写真でもいいですよ。

この路線も残念ながら今回が最後との事、こう言う景色の所で
是非撮りたいですね。

やはり、次回是非お誘いください。
日本では、既に力強い現役のSLはほとんど撮れないので
是非、他国でもいいのでマイオさんが撮影した力強い
SLをお隣で撮影したいものです。

(^o^)

あのねっ!

日の丸構図になっちゃったのが惜しまれますね。
まあ、ビデオとの二股でしょうから致し方ないのかな。

くろくまは、やはりスチル派ですから動画には「?」がついてしまいます。
同行された皆さんの切り口を是非とも拝見したいものです。

なんたって、マイオさんの語調が変わってるものね。
楽しまれたようで良かったです。
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR