有名な某国新幹線

皆さんこんばんは。

春爛漫、という感じで(首都圏は午後に雷雲も広がりましたが)、暖かい一日でしたね。

さてさて、色々な意味で有名になってしまった中国新幹線。実は3月初めに内蒙古自治区に蒸気撮影に訪れた際、
初日は北京で半日を過ごし、北京南駅から少しいったオーバークロスで新幹線などを撮影しました。
この日は3月1日。3月7日から北京で人民大会が開催されるため、若干警戒が厳しくなり始めました。

この撮影中にオーバークロス周辺をぶらつく中国人民に話しかけられたのですが、われわれは答えられず、
「外国人が新幹線の写真を撮影している!」「スパイではないか?」という嫌疑を受けたようです。
まもなくガイドの陳さんが彼らに「ただの鉄道好きの日本人だよ、時間つぶししているだけで問題ないない」と説明して
事なきを得ました。

井門はかつて東ドイツ、ポーランド、ハンガリーそして約20年前の中国(経済開放前)でも蒸気撮影をしており、
現地警察に尋問・拘束された経験も豊富です。ただ残り3人はそこまで経験豊富とはいえない、いや鈴木さんは
結構あるかな・・・。少なくとも私は共産国家警察とのお付き合いは経験ないので、内心びびってました。

そういう意味では、中国の「一つの顔」を垣間見た一瞬でした。

新幹線はかつての日本では経済発展・国威発揚の象徴でしたが、中国でもそれは同様です。中国での花形鉄道路線
は北京⇔上海です。私たちが撮影したのもこの路線です。少なくとも3種類の車両というか編成が稼動しているように
見えました。



IMG_1155silky1.jpg

IMG_1150ret.jpg

IMG_1152ret.jpg

IMG_1156ret.jpg

川重製品の国産化車両、フランス製、イタリア製、とこんなところでしたか?すみません、あまりよく調べてないです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

tamaちゃん

あははっ。それ言うと外交問題になっちゃうよ。

No title

でた~~

しんかんせん パクリ 号!

EXTRAさん

コメントいただきありがとうございます。
この曇天こそが北京いや中国北部でのこの時期の典型的な天候のようで、撮り鉄泣かせとなる元凶とも
いわれます。そういう点では、翌日以降は青空が結構見られましたので、ありがたいことでした。

No title

こんばんは。

中国新幹線は、日本の新幹線にそっくりですね。
架線柱の感じは、やはり日本とちょっと違う感じです。
天気が良くなかったようで、靄がかかったような写真に
なったようですね。
やはり青空の下を走る写真が良いですね。

(^o^)
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR