飯山線を偵察

まったく順序が違うが、今週末の飯山線試運転に訪問を計画されている方もおられると思い、
ご参考の一つとして偵察結果を上梓するものである。

飯山線といえば思い浮かぶのは、津南、上境、桑名川、信濃白鳥、平滝、替佐、蓮といった駅名。

しかし今週末から蒸気列車の試運転が始まる飯山線とはこれらのいずれでもなく、新潟県側の入口である
越後川口からほくほく線が通る十日町までの20km余り。キハは30分足らずで走り抜ける。

正直いってイメージがまったく浮かばない。そこで今週月曜日を休みにして、只見から田野倉・小出を
経由して正午少し前に越後川口に到着した。

まずは越後川口と内ヶ巻の間にある魚野川鉄橋に期待を寄せる。ところが、そこには・・・。


ガーター橋の川口寄りを修理のためシートで覆っている。それも半分近く・・・。
写していないが工事用車両もでんといる。

DSCN3600dpp.jpg
念のため反対側も。あっさりと期待は裏切られた。いつまでこのシートが付いているのか・・・。

DSCN3601dpp.jpg
気を取り直して内ヶ巻駅に向かう。

DSCN3602dpp_20121030205026.jpg
内ヶ巻から越後川口方面を見る。わかりにくいが、線路がすっと見えなくなっている。
カーブというよりかなり勾配があるようだ。逆を見ると、越後岩沢に向かってさらにだらだら上りが続く。

DSCN3603dpp.jpg
内ヶ巻と越後岩沢の間。妙高山トンネルよりも岩沢寄り。

DSCN3608dpp.jpg
越後岩沢駅。内ヶ巻とここが無人駅。

DSCN3609dpp.jpg
内ヶ巻方面を見る。明らかに上り勾配が続いている。

DSCN3607dpp.jpg
下条方面を見るとこちらはフラット気味のようだ。

DSCN3612dpp.jpg
岩沢から内ヶ巻に下っていくキハ。

この界隈から信濃川対岸の山(丘というべきか)を見てみる。果たして伐採地のような場所があるか・・・。
望遠を使用しているので実際の距離は遠い。

DSCN3615dpp.jpg

DSCN3616dpp.jpg

DSCN3617dpp.jpg
少しはありそうだ。しかし、ここは線路の北側である。
午後の列車が西日を浴びて、という画は撮れそう。うまくすれば信濃川も絡められるかどうか。
問題は、十日町から川口への返しは下り込みではないか、というところ。

DSCN3619dpp.jpg
越後岩沢から下条へ向かう。山間部というイメージだが実際は信濃川とかなり接近する地点。
それでも信濃川を入れ込むのは難しい。

この後、下条、魚沼中条、十日町と線路と信濃川はさらに離れる。

時間の制約があり、結局、この程度しか偵察は出来なかった。これにて失礼。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

tamaちゃん

コメントいただきありがとうございます。

あはは、役に立たない情報であります。まぁ楽しんできてください。

No title

難しい線区ですね

ある程度めぼしをつけてますが
行ってみないとなんとも言えませんね

まぁ 失敗したら 温泉でのんびりしてきます
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR