ある出会い(雪中驀進)

本日は一部は以前にポジのスキャン画像をご覧になった方もおられると思います。
ようやく一部のモノクロネガの再スキャンを終えたので、何枚かをまとめてお届けします。

これからも少しずつ再スキャンをしていきます。

まずはちょっと汚らしい画像ですみません。ただ、これが大きなヒントになっているので・・・。


1975/2/2 午前5時前後? 天北線浜頓別 キ100?

ラッセル車を見たのはこれが初めてでした。9600の蒸気が上がっているのはすでに一仕事終えたのか。
この後私は興浜北線にキハで向かい、しばしラッセル列車のことを忘れました。

興浜北線目梨泊で撮影を終え、浜頓別に戻って天北線貨物列車を撮影すべく山軽方面に歩いているときでした。
なにか後方で汽笛が聞こえたような・・・。
臨時列車かな?雪が彼方で盛り上がっているみたい・・・。雪煙もあがっている!
慌てて線路端から5mほど離れる。一歩ごとに新雪にめりこんでしまう・・・。

Hokkaido018psdpp.jpg
ラッセル車の除雪だぁ! ここで出会うとはラッキー!!

Hokkaido019psdpp.jpg
しかしこの雪煙はちょっとすごいぞ。私の荷物はどこに置いたっけ・・・。

Hokkaido020psdpp.jpg
これが最後の一枚!退避しないと自分自身が危ない!!!

Hokkaido021psdpp.jpg
なんとか無事でした。さてと、これから雪に埋もれたリュックを掘りださねば・・・。

1975/2/2 天北線浜頓別→山軽 Nikomat Ftn Nikkor135mm TriX ASA400
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ぎんちゃん

コメントいただきありがとうございます。

一枚目、このときデジカメがあればなぁ!と思うことしきりですね。
当時はフィルムが高価で、バルブ撮影はいわば無駄玉でしたから、半分捨てた気分で撮っていたんですね。
闇夜はピントを合わせるのも一苦労で、結局ピンが大甘ですもんね・・・。
9600が思いっきりハッスルしている雰囲気だけでも感じていただければ・・・。

No title

早朝の暗い中で、待機するラッセル
後方の96はかなり気合が入ってますね
こういう光景に出合いたかったなぁ
除雪の写真も迫力満点で、次回が楽しみです。

くろくまさん

コメントいただきありがとうございます。

えっ、くろくまさんが出会ってないとは意外ですね。
まぁ、究極の臨時列車で、いつどこを走るかは本当にわからない代物ですよね。

今後の新作ねぇ・・・。なにが出てくるかは本人にもよくわからんのですよ。
期待しないでね。

mackさん

コメントいただきありがとうございます。

本日のニュースで木次線の赤いラッセル車の試運転開始をやっていましたね。
思わず家族に「僕は黒いラッセル車を撮ったもんね」と自慢してました・・・(笑)。

ただ、この画を見ても、当時はかなり無駄な?パワーを使っていますね。それだけに迫力はすごいですが。

まこべえさん

コメントいただきありがとうございます。

そうですねぇ。初体験だったので、どれだけ退避すれば十分なのか把握できていませんでした。
リュックは雪に埋もれ、私も雪だるま状態だったような・・・(笑)。とっさにカメラは隠したようですね。
後追いの一枚が撮れてますから。

いいですねぇ〜

偶然にも出会えた光景、羨ましいかぎりです。
ラッセルもキマロキも現役時代に走行しているのを見たことがありません。

50年2月といえば、あと僅かで無煙化の時期ですよね。
同年3月に北見枝幸で俯瞰画を写しはしたけれど、こんなの撮りたかったなぁ。
ラッセル車の俯瞰なんて思うだけで今でもドキドキしてきちゃう。

今後の新作? を楽しみにしておりますからね。

No title

素晴らしい!!蒸機でなければこの迫力は出ませんね!!DL用の除雪車は赤い物ばかり。

まだそれでも絵にはなっていましたが、最近の小型の除雪車両は構内入れ換え機に除雪機能を着けた様な物。何だかレンズを向ける気にもなりません・・・

撮りたかった!

おお、これはすごい!
駅構内のラッセルは、築港で撮影しましたが、外で仕事をしているラッセルは、何度も冬の北海道に渡りながら、撮影できませんでした。
だからこんな絵を見ると、とってもうらやましい。
しかし、この位置だと、退避しても、かなり雪を浴びたのではありませんか。
雪だるまのような姿で、必死にカメラを抱いていたマイオさんが目に浮かびます。
それもいい思い出ですね(^^)
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも8年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR