雪の中

現在は会津鉄道という名前の第3セクターになりましたが、かつては国鉄会津線でした。
(会津滝の原線と呼ばれた時代もありました)

駅名も変わり、一部では路線も変わりましたが、この辺りはどうなったでしょうか。


1974/3/4 会津長野→会津落合

会津長野という駅名は現在でもありますが、会津落合、楢原などはなくなりましたね。

Aizu020psdpp.jpg
同じ日にこんな写真を撮っていたので、ようやく当時の駅名を思い出しました。

西若松、門田、上三寄、桑原、湯野上、弥五島、楢原、会津落合、会津長野、田部原、会津田島
とこんな感じだったでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

風太郎さん

コメントいただきありがとうございます。

この画はいずれも最近の発掘分です。
雪原を走る蒸気機関車と2両ほどの貨車。孤影と呼びたい儚げな存在でした。
会津落合の木造駅舎、これも儚げなうらぶれた雰囲気で思わずカメラを向けました。
なぜかセルフタイマーで私が写っている一枚もありました(笑)。

ぎんちゃん

コメントいただきありがとうございます。

えへへ、この画は鉄橋を渡る前のシーンなんです。最初は鉄橋を渡るシーンを本命にしていたんですが、
脇にハエタタキがうるさいので、雪原シーンに切り替えたようですね。そうしたら、後ろの山が以外と
いい感じになってくれた、というテキトーな画作りなんです。

復活只見線も初期のころには雪の中があったようですが、やはり保線を含めて大変ですからね・・・。

EXTRAさん

コメントいただきありがとうございました。

当時は貨物列車よりも旅客列車の方が被写体としては価値があったと思いましたが、
結局蒸気牽引の貨物列車が二度と拝めぬ存在になったのですねー。

会津落合駅、本当に屋根が雪でつぶれそうです。よく見るとトタン屋根ですね。
現在は無人駅はだいたい物置みたいな駅舎になってしまいました。

会津線界隈

こんばんは。

雪野をゆくC11、何とも頼りなげな感じがいいです。

今も風景はあまり変わっていないのかも知れませんが、生活感のある列車があるとないとじゃ温もりが違いますね。

会津線は第三セクター化される寸前まで、各地に古い木造駅舎が残っていましたね(放置されていた?)

味わいと言うには荒れ気味でもの悲しい感じがしたものです。

No title

いい写真ですね~
会津線といえば鉄橋がらみが多い中
雪山をバックに単行貨物が行くって
会津の原風景ですね

雪の会津、行ってみたかったです。

No title

おはようございます。

雪の会津線懐かしいですね。
雪の中をこうして走る貨物列車、現在では絶対に見られない
光景です。

会津落合駅、だいぶ老巧化今のも雪の重さで崩れてしまいそうです。
既にこうした風景もいまや見られない光景ですね。

(^o^)
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR