川霧をついて

昨日は文章だけで表現しましたが、本日は画像をご覧ください。

鹿瀬・深戸橋梁をみおろすこの場所に立ったのは午前10時。列車通過まではあと1時間半。


まずはこんな状態。キハがタイフォンを谷間に響かせて鉄橋を渡っていくのですが、音だけでした。
まだ1時間半あるから、そして本日の天気予報は晴れだから、そしてここに来るまでに通ってきた
会津盆地は日が差していたし。なんとかなるさという気持ちでした。

DSCN3804dpp.jpg
事実、それを裏書するかのように徐々に霧が晴れていきます。ほら、言った通りだという強気の気分。
このときは列車通過時点では、この谷間を陽光が照らすだろうと予想しておりました。

DSCN3807dpp.jpg
ところが、1時間前でこの状態。最初よりも立ち込めてきた!!!
そして30分前も似た感じ。5分前になってもまだ・・・。津川の発車の汽笛。
さすがにダメかと思いました。

先月の只見線では4橋・大志ともになんとかなりましたが、4年前の蓋沼ではアウトを食らっています。
そしてトラウマのように残っている現役時代の糠南での悪夢(2連続アウト)が次々に脳裏を
横切ります。

「何も悪いことしてないのにさー」隣で構える同業の方のうめき声。

そして・・・鹿瀬駅の手前が晴れてきました。「とりあえずあっちだけでも撮るか」

そのうち・・・「おおっ」

IMG_3054dppps1.jpg
なんとかなったかなぁ。

しかし、向こうの山のところは晴れているんですよね。まぁ、アウトにならなかったことを感謝しましょう。

2012/11/25 磐越西線鹿瀬→日出谷
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

風太郎さん

コメントいただきありがとうございます。

多少、列車を待つ間のハラハラドキドキを演出過多に述べてみました(笑)。
実際はやけのやんぱち気味で「いくっきゃない」精神でしたけどね。

晩秋の山懐、風太郎さんの飯山線シリーズからもイメージをいただいて、自分なりに切り取りを
考えていました。ただまあ、自然の作る造形を空気感だけでもなんとか一部、というしかないですね。

この場所、夏には見つけられなかったのですが、今回あちこちうろつくうちに、ひょんなことから
車で行けるし、車を方向転換して駐車できるスペース(3-4台)も発見しました。
ただ、林道への進入経路が途中まで大型ダンプの進路と重なっており、行き違いに神経を使います。

きのこ取りの方々とも遭遇し、「どうやって調べてくるのかね」と聞かれてしまいました・・・。
google mapの航空写真をご覧になると色々とわかりますよ。
内緒でメルアドをご教示いただければ、さらに詳しく・・・。

ご苦労様です

こんばんは。

ここって簡単に行ける場所なんですか!?

最近の俯瞰ポイント開拓は凄いですね。

一番下の写真、やきもきしたとは思いますが、ただのピーカン写真より全然いいですよ。

秋深まる山懐の空気感がなんとも。煙の伸び方もGOOD。

くろくまさん

コメントいただきありがとうございます。

久々のハラハラドキドキと、高揚感!これでビールも飲めりゃ最高なんだけど、生憎運転しなきゃ。
これで今年の運は使い果たしたかなー。いかん!宝くじの分を取っておかないと。

岳人さん

コメントいただきありがとうございます。

岳人さんの先日の写真を見て行きたくてたまらなくなりました!
門デフC57が深戸をかっとんでくる・・・もしかすると雪景色かも・・・ピーカンかも・・・
と、夢は6億円宝くじ並みに膨れ上がり、こうなるともう誰にも止められない(笑)。

夢は夢、現実は現実ですが、なかなかの深戸劇場でした。

EXTRAさん

コメントいただきありがとうございます。
まさか磐越西線、しかもこの近くで撮っていらしたとは!メールすればよかったですね。

今回は北側の場所ではなく(そこだと楓さんご一行と一緒)若干南側ですか・・・。
トンネル真上は以前に撮ったことがありますが、またそことは別ですかね。アップを楽しみにしてます。

私の場所、実は車で上がっています。林道ですが、ところどころ行き違いできる場所もあり、
腹も擦りませんでしたよ。車中泊ですか・・・私には無理ですねー。帰路の運転が危険です。

よかったね!

ハラハラドキドキの高みでの待機時間。
幻想的な画が写したけりゃ、やるっきゃないし……

そのために現役時代から幾度、泪したことでしょう。
手前の紅、遠方の晴れ間が効いてますね。ナイスです!

No title

 マイオさん お見事です。
汽車の通過時間に霧が動きいい雰囲気ですよ 遠くから汽笛が聞こえてきそうです。

川霧が取れて良かった

こんばんは。

土曜日は、水郡線。日曜日は、磐越西線今年最後の運転と言うことで
こちらにやって来ました。
会津若松で車中泊、午後から天気になるとの事で鹿瀬ー日出谷間で
撮影することにしていました。
当初は、北側のポイントで撮影を考えていたのですが一度南側ポイントを
確認することも頭に入れておくことも必要と判断し移動しました。
マイオさんと同様、歩いて探す中一瞬視界が開け今回のポイントを探す
ことができました。
霧の摩周湖状態でしたが、最後の最後で霧がとれ撮影できました。
マイオさんと同じ気持ちになりました。 すぐ近くに居たのを後で
しりました。
来年また、こちらで撮影したいですね。
水郡線より磐越西線のSLの方が、一段と迫力がありました。


(^o^)

プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR