マイオの昭和写真館(加太)その3

皆さんこんばんは。

水郡線とはひとまずお別れしまして、発掘ネガの再スキャンよりお届けいたします。

今夜のは関西本線加太での3日目、1971/12/21撮影分です。


朝一の荷物列車を加太から中在家に向かって程近い、小学校裏の鉄橋で迎え撃ちます。
鉄橋の向かい側ではご覧のように同業者の方々がまさにシャッターチャンス。
現在の復活蒸気なら緊急停車の接近振りですね。(特に左の方はやばい)

Kansai081psdpp.jpg
これは既出画かも知れません。さきほどの鉄橋からもっと中在家方面に進むと、直線区間になります。
ご覧の通り、多少長い貨物でも後補機まで捉えられます。

Kansai086psdpp.jpg
これも既出画かも・・・。さきほどの画とほとんど同じ場所ですが、線路の反対側から撮っています。

Kansai074psdpp.jpg
直線区間に飽きたのか、今度は加太駅の関方面に場所を変えています。下り込みのはずですが、
発車なので多少は煙を吐きますね。

Kansai069psdpp.jpg
関方面から登ってきました。腕木式信号機がうれしいですね。

以上、すべて線路端での鉄ちゃん写真です。こういうのも、いいんではないかなー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楓ちゃん

コメント、ならびにリンクいただきありがとうございます。

勝手にリンクをさせていただいておりました。
関西本線加太越えは幸いにして1回だけ訪問しましたが、陸羽東線・釜石線・北上線など
行ったことないです。花輪線も五能線も米坂線も奥中山も陣場越えも行ったことないです。

この辺は蒸気撮影を1年か2年早く始めたかですごい大差がつくところでして・・・。

まあ、もしかするとこれから私が行ったことのない線区で復活するかも知れないし、その日を
待ちながら出来るだけ長くこの趣味(足腰を丈夫に)を続けたいと思う次第です。

リンクを入れていただいてたので、

遅まきながら、当方のブログにもリンクさせていただきました m(_ _)m

北国、楓村からは遠いあこがれの地だった関西本線加太越え !
楽しませていただいてます ♪

EXTRAさん

コメントいただきありがとうございます。

確かに今見返しても、この本数と貨物量はたいしたものでした。
D51後補機つきがけっこう本気モードで行きかう場所、それでいて近畿地方ですから、
比較的行きやすい。にもかかわらず、私はこれが最初で最後になってしまいました。
勿体無いことをしたなー、と思う一方、最初に満喫してしまったかな、と思います。

小学校ですが、地図を見ると現在もあるみたいですね。果たして?
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=136.32774868513&latitude=34.836697570846
まさか木造ということはないでしょうけど。

mackさん

コメントいただきありがとうございます。

うーん、かつての鉄道写真といえば、止まっている車両を機関区や駅で撮った「形式写真」、
そしてアウトカーブやインカーブで編成を撮る「編成写真」、
そして発車シーンを撮る「駅そば写真」が主流でしたね。

しかし、廣田さんを始めとする大先輩プロの方々は人と鉄道という写真でも名作を残しておられます。
村樫さんという大先輩は風景鉄道写真を撮っていらっしゃいますしね。
もともとはすごいインパクトの風景の中の鉄道を撮った写真だったのですが・・・。
いつの間にか典型的な日本の風景の中の鉄道でもよし、という感じになっていますね。
ただ、写真、特にプロの方にとっての写真はインパクトがあってなんぼですから、そうするといわゆる「鉄画」の
方が、平凡な風景の中の鉄道写真よりも「うけ」を取りやすいんですね。

しかしなんといっても人と鉄道、これが一番難しいですね。

No title

おはようございます。

関西本線中在家信号所付近は、とても良い撮影地でしたね。
ほとんどの列車には、補機が付いての運転でした。

1枚目の小学校裏のポイント、小学校も木造校舎です。

今では、この辺りの風景もだいぶ変わってているのでしょうね。

(^o^)

No title

いい写真ですね~!昔の鉄道写真と言えば、ほとんど形式写真的な物が主流でしたよね!

最近でこそかつてのrrrazurrrさんの様な「鉄道のある生活風景」写真が多くなった気がします。

僕も最近は車両のアップよりもドラマのある写真が撮りたいな!と考えていますが、線路端をフェンスで囲ってしまい、JRの薄っぺらいデザインの車両たちではあまり写欲が沸かないのも事実・・・
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR