楠ヶ丘の白煙

皆さん、新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

さて、平成25年第一発目の更新ですが、なにで行きましょうかね。
やはり、昭和48年12月の日豊本線でしょうか。

ご存知のとおり、昭和48年10月から翌年3月までの6ヶ月間、
日豊本線宮崎・都城間を急行「日南3号」がC57牽引となったのです。

私もこの日南3号に惹きつけられて、冬休みを利用して南九州を訪問しました。
当時の記録を見ると、21日は田川線、22日は日豊本線宗太郎越え、23日は
午前は佐土原、午後は沓掛・田野。この日の日南3号はなにを間違えたか、
線路端でボツ写真(泣)。

24日・25日は吉都線。26日にまず楠ヶ丘信号所に向かいました。

私はどうもこの日に臨客8542レが運行することを知っていたのか、
それとも賭けたのか。まっすぐに青井岳側のトンネルの上に登っています。


1973/12/26 日豊本線楠ヶ丘(信)→青井岳 8542レ C57175〔鹿〕牽引

この日は見事に快晴。
右奥に霧島連山、そしてうっすらと桜島?らしき山影が浮かんでいます。

KyuushuuDec19238psdpp.jpg
ここまでは計算どおり。右に山、山裾を大きくカーブする構図、そして棚引く白煙。
門デフも識別できます。これが当時のメイン画でした。

KyuushuuDec19239psdpp.jpg
この後はおまけになります。白煙が綿菓子のように列車の上に残っている・・・。

KyuushuuDec19240psdpp.jpg
トンネルに吸い込まれていく・・・。

えっ?「日南3号はどうした?」
あはは、本日はいわば前奏曲。「8542レの牽引機はどうやって鹿児島に戻るか」
皆さん、ご存知ですよね?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まこべえさん

あけましておめでとうございます。
コメントいただきありがとうございます。

ここは鉄橋とは逆方向、山之口方面でトンネルをくぐるんですよね。
昭和45-46年はまだ楠ヶ丘信号所周辺というのは、ほとんど鉄道ファンに知られていないと
思います。有名撮影地といえば、田野の鉄橋、青井岳の鉄橋、大淀川の鉄橋というところで、
門石信号所周辺もそんなに紹介されていないですよね。

6788会は私のように1975/12/24にその場にいなかった人でも参加OKなんです。
異端ですけどね(笑)。廣田さんの出席は3回目くらいかなー。
やはり神様に自作解説をいただくと最高ですね。

EXTRAさん

あけましておめでとうございます。
コメントいただきありがとうございます。

ひえー、秩父にロケハンがてら宝登山ですか?
相変わらず新年早々精力的ですねー。敬服いたします。
私は連日食っちゃ呑み三昧であります。

くろくまさん

あけましておめでとうございます。
コメントいただきありがとうございます。

ここ、行かれましたか。
青井岳からトンネル経由なら近道、山之口から信号所経由だと10km近くありましたね。
私は前年夏にこの手前、カーブの入口付近まで信号所経由で来ましたが、
このトンネルには辿りつけず。このときはリベンジだったんですねー。

助手席ねえ。ビール一杯ごとに「うける」ジョーク一発ずつって条件はいかが(笑)。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新年そうそう、いい絵をみせていただきました。
実はまこべえ、青井岳に何度も訪れ、何度も駅に泊まらせてもらいながら、この場所には行ったことがないのです。
もっともまこべえが訪れていたのは、昭和45年から46年。
まだあのころは情報も少なく、青井岳といえば、鉄橋でしたものね。
しかし、こういう絵を見ると、やっぱり行きたかったなあ。

6788会、イモンさんが紹介していましたね。
マイオさんも、とっても嬉しそうに写っていました。
そりゃあ、神さまと一緒ですものね。
まこべえも、神さまにサインもらいたい!


No title

こんばんは。
秩父鉄道に撮影場所探索そして長瀞宝登山初撮りに行ってきました。
まだ、実家で更新中写真は、後日紹介します。
(^o^)

先日は失礼しましたぁ

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

いいですねぇ、楠ヶ丘。
この場所、くろくまも行きましたよ。
49年の3月でしたけれど「日南3号」を撮っておりません。

本年も復活新規開拓、過去ネガの再スキャン楽しみにしております。
あっ、一度助手席に呑ん兵衛を乗せてくださいよ(笑)
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR