球磨川沿いをゆく

皆さんこんばんは。

首都圏では大荒れの天気でしたね。小型台風通過といったほうがわかりやすいのでは・・・。

本日は現役時代の「川線」肥薩線八代・人吉区間からアップします。


1973/3/11 肥薩線吉雄→白石 C57169
球磨川にへばりつくように耕された畑。そして小集落の家々の瓦屋根が続いています。

KyuushuuMar1973200dpp.jpg
以下、同じ。

KyuushuuMar1973201dpp.jpg

KyuushuuMar1973202dpp.jpg
ここまで人家を絡めたのは私としては珍しい撮り方でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

EXTRAさん

コメントいただきありがとうございます。

私が現役時代に撮影して復活蒸気が走っている路線は只見と、ここです。
(陸羽東線は撮影したとはいえない・・・)
しかし、肥薩線は余りにも遠いですねー。なんとか一度訪ねてみたいですが。

風太郎さん

コメントいただきありがとうございます。

そうなんですよ!
現在でも肥薩線は「川線」「山線」そして「吉松・隼人」で実質分割されていますが、
40年前もその状況は一緒でした。

このときは、どこで撮ろうか迷っていたのですが、偶然出会ったお兄さん(おじさんだったか)からの
アドバイス「川と屋根瓦を絡めるべし」に従った結果でした。

mackさん

コメントいただきありがとうございます。

この川線、蒸気最後の時期はC57のみだったんですが、それ以前にはC51や8620の時代があったようです。
ただ、復活8620は人吉で湯前線用だった58654(大型切り取りデフ装備)ですから、湯前線の方が
しっくりきますね。

私としては現役時代に撮影した場所が今どうなっているか、一度訪ねてみたいのです。

No title

こんばんは。

球磨川にへばりつくように耕された畑。そして小集落の家々の
瓦屋根が続く景色いいですね。

今では、この景色も大きく変わってしまったのか?

(^o^)


川線

こんばんは。

山線があれば川線もあったんですね。

瓦屋根の家並み、川と線路に寄り添った暮らしの物語があるようで、
ピピッと反応してしまいます。煙もいいですね。

生活感のある鉄道情景は、今も変わっていなければ良いのですが。

No title

今はこの線を8620が走っていますが、やはり86には湯の前線を走って欲しいですね・・・
川線はC57、山線には矢岳に保存のD51170を復活させて・・・
なんて夢ですね~
プロフィール

マイオさん

Author:マイオさん
「マイ・オールド・スティーマーズ」は
長すぎるということで、略して
「マイオ」となりました。
中学・高校は現役蒸気を追い、
蒸気全廃とともに鉄道趣味から引退。
30数年を経て突如復活。
ブログも9年目に突入し、そろそろマンネリ化か?
更新頻度が激減中で、ネタも尽きて
いよいよ終了間近かも。
これは見逃せないというべきか、
単にアホらしいというべきか。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
VOON
VOON Podcast Feed
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR